MUMU First Album 「2005」

『MUMU/ 2005』[MABO-024] 定価: 2,625(税込)

MUMUの1stアルバム『2005』が現在好評発売中です。同アルバムはMUMUならびにMUMUメンバー出演のライヴ会場などで入手できるほか、まぼろしの世界レーベル・販売部ページでの通信販売も行なっております。

まぼろしの世界 販売部

Biography

「MUMU」は植村昌弘の作曲・ディレクションによる作品を演奏するユニットで、1999年結成。オリジナルメンバーは植村昌弘(Drums)中根信博(Trombone)坂元一孝(Keyboard)。2008年にアルバム「2005」をまぼろしの世界レーベルよりリリース。2010年に坂元一孝が脱退し、本間太郎(Keyboard)が加入。東京圏で地道にライブ活動を続けています。

植村昌弘 (Uemura, Masahiro) - Drums

植村昌弘ライブスケジュールはこちら

1967年2月15日生まれ、B型、東京都出身。  1987年、早稲田大学在学中に「一噌幸弘グループ」に加入、ライヴ活動を始める。1988 年、民謡歌手・伊東多喜雄氏のグループに参加し、バブル崩壊直前の好景気に騙され、道を踏み外す事になる。この頃、邦楽を仙波清彦氏に師事。1990年「はにわオールスターズ」や「はにわ隊」等、仙波清彦氏のプロジェクトに参加する傍ら、純邦楽の舞台にも出演、邦楽の影響を多大に受けることとなる。
 1989年前後より勝井祐二氏、鬼怒無月氏と共に「デフォルメ」というユニットで活動する一方、「渋さ知ラズ」に参加。不破大輔氏、大友良英氏らと共に「テキサス」なるセッションを主宰するなど、東京アンダーグラウンド系のバンドに参加するようになる。以後「大友良英Ground-Zero」「HANIWA」「BASS ARMY」「NOVO-TONO」「Phewユニット」「LOV EJOY」「三橋美香子オニバンド」「三橋美香子と総本山」「MOTOR PSYCHO」「大熊亘 CICALA-MUTA」「HAYAKAWA」「大橋純子バンド」「南佳孝」「藤井郷子オーケストラ」「sim」「Circuit Unconnection」など様々なバンド、ユニット、セッションに参加すると同時に、初期の「Bondage Fruits」や、「坪口昌恭ユニット」等、クビになったものも数知れず。また「ASIAN FANTASY ORCHESTRA」の南西アジアツアーや、ドイツ・メールスジャズフェスティヴァル等の海外公演にも参加。 John Zorn氏、Henry Kaizer氏、Eriott Sharp氏、Ned Rosenberg氏、Nick Didkovsky氏ら、海外のミュージシャンとのセッションも行っている。
 2000年春に、山下洋輔氏のピアノ協奏曲のコンサートにパーカッショニストとして参加。初めてフルオーケストラの中でのソロイスト、というものを経験する。更に夏には複数のユニットによる3ヶ月に渡るヨーロッパ・アンダーグラウンド・ツアーを敢行し、海外に行く事に懲り懲りする。  2001年現在、利己主義的な考え方が災いしてツアーやフェスティバルが嫌いになってしまうという音楽家としては最悪のジレンマに陥りつつも、数年来の念願であったデスメタルバンドを結成する等、マイペースで活動を続ける。
 自身のリーダー的な活動に関しては、1991年、鬼怒無月氏、広瀬淳二氏と共に活動し始めた即興演奏ユニット「鬼怒無月ポン」に、記本一義氏、高良久美子女史をメンバーに加え、自身のユニット「P.O.N.」として活動開始。1995年にはデビューCD「P.O.N.」をリリース、旧東ドイツツアーを行うなど積極的に活動していたが、1999年、余りの情報量と独善的な音楽性と経営によりメンバーが脱退し、惜しまれつつ解散。と同時に今度は従順なメンバーを集め、「可愛い音楽」というコンセプトで新ユニット「MUMU」を結成、やはり、日本で地道に活動するのが一番幸せであると思いつつ、現在に至る。
 また、1996年より、カセットテープレーベル「無印レーベル」を発足(2000年末、IT革命によりメディアをCD-Rに変更)、多方面で顰蹙を買いつつも精力的に独断と偏見に満ちた興味深い個人的な作品をリリースし続けている。最新作は「歪曲」(2006年11月リリース)。

中根信博 (Nakane, Nobuhiro) - Trombone

1965年3月25日生まれ、O型、東京都出身。
 16歳からトロンボーンを始め、中央大学在学中、トロンボーンを東京フィルハーモニー交響楽団の細洞寛氏に師事。大学卒業後は主にラテンバンドで活動。
 1995年「チューインガム・ウィークエンド」の年末ライヴをサポート、1997年「ザ・カスタネッツ」のLIVE TOUR "PARK"をサポート、1998年「渋さ知らズ」の夏のヨーロッパツアーに参加。  現在は「Grupo Chevere」「Banda-Mi-Tierra」「Taboo Show」といったラテン・グループ以外にも「渋さ知らズ」「ボサノバ'99」「コルコバード」のジャズ系、「トウキョウチャンプルー」「Peal Mix」「スマートさん」のポップス系、ロックバンドのサポート、ライブ、大型テーマパークでの演奏等、ジャンルを問わない貪欲な演奏活動を展開している。
 また「VIDEO rODEO」「54 NUDE HONEYS」「ディック・リー」といった各アーティストのレコーディング、映画「流れ者図鑑(平野勝之監督)」「グループ魂のでんきまむし(藤田秀行監督)」のサウンドトラックなど、レコーディングにも積極的に参加している。

本間太郎 (Honma, Tarou) - Keyboard

1984年3月22日生まれ、東京都出身。
本間太郎(ほんま たろう、1984年3月22日-)は東京都出身のピアニスト、作曲家、アレンジャー。
宮国英仁とのデュオ「天国」のピアニストとしても活動。
・クラシックピアノを渡部遼子氏、高市貴久枝氏に、ジャズピアノを竹中真氏にそれぞれ師事。
・国立音楽大学ピアノ科に在学中、電子音楽に興味を持ちシンセサイズの技術を学ぶ。
・2007年LaBluzuのキーボーディストとしてkittyよりデビュー。
・現在はバンドのライブサポートやレコーディング、作編曲を生業としている。

inserted by FC2 system